りんちゃんの ガーーンな日常

りんちゃんの ガーーンな日常

やっと再就職できました^^でも貧乏生活は続きます^^

見てはいけない物を見てしまった気分…

最近天候が不安定で荒れ気味です
大きな災害があった地方に比べたら土砂降りや雷雨くらいなんてことないですが
予報と違って急に降り出したりするので困ります

先日も午前中は雨は降らない予報で小鳥さんが午前中にお使いに出たら
その時にちょうど雨が降り出しました
傘を持たずに出かけた小鳥さんは駐車場から雨に降られながら走って帰ってきました。
それを玄関先で見ていたとある職員さんが何か声を掛けていて
小鳥さんもたぶん「傘を持たずに出かけちゃって~」みたいに返事をしていたようで
たまたまそこを通りがかった私はその職員さんは滅多に人に話しかけたりする人じゃないので
珍しいこともあるけど、雨に降られた小鳥さんを気遣ってのことだろうなと思いました。

そして昨日、事務所を出て外に行こうとしていた時に
屋外でまたその職員さんと小鳥さんが話しているところを見ました。
木の上に何かあると言う話で私にも小鳥さんが話を振ってくれて
「そうなんですか~」みたいに受け答えして職員さんの方をふっと見ると
いつもと全然違うすごくにこやかな穏やかな顔つきで驚きました

どちらかと言うと無口で無愛想で必要な事しか話さない、
私語とかおしゃべりなんてほとんどしない人だと思っていたし実際今までそうでした。
私もほとんど話したことはないし他の職員さんともそんな感じでした。
でも・・・小鳥さんとはそんな顔して話すんだ~!?と驚いたのです
小鳥さんもニコニコして受け答えしていました。
うん、まあ若くて可愛い子と話せばそんな顔にもなるよね、とは思いました。

そして今日、またたまたま事務所の外に出て外に出ようとしたら
別の職員さんと小鳥さんがまた楽しそうに話していました。
用事があってそのわきを通らなければいけなかったのですが
何となく楽しく話している邪魔をしてしまったようで・・・

もちろん用事を済ませてからまたさっさと通り過ぎましたが
なんとなく見てはいけない物を見てしまった感が・・・
今日の話相手の職員さんは昨日の人とは真逆のタイプで
けっこう冗談も言うし気軽に人に話しかける感じの人で
真ん中さんともすごく気軽に冗談を言ったりして笑っているような人です。
でもでも小鳥さんと話している時にものすごく嬉しそうだったのですよ。

これは・・・美人のママさん職員さんがいた時以来の雰囲気でした。
美人ママさんとはすごく仲が良くていつも2人でおしゃべりしていましたが
彼女が異動してからそんなこともなかったですから。

やっぱり美人とか若いとか可愛いって最強ですね
男性は誰しもみんな優しくなるし笑顔になるし親切で感じが良いです。
まあ過去に若くても美人でも可愛くもなかった私にはそんなことはあり得ませんでしたけど
そういう人達とはずいぶんと違う人生を歩んで来たんだろうなと思ったり・・・

そして今日も午後から断続的に雨が降り出して小鳥さんが帰ろうとした時もけっこうな土砂降りで
「今朝は車に傘を置いてきちゃったんです~」と小鳥さんが困ったように言うと
「今はまだひどい降りだからもう少し待ったら?」とか
「あそこに忘れ物の傘があるからそれを使えばいいよ」とか
「あ、ちょっこ小降りになったんじゃないかな?今がチャンスか?」とか・・・

とにかく男性の皆さんが世話を焼く世話を焼く
小鳥さんはニコニコして「え~?そうですか?使ってもいいんでしょうか?」とか言ってて傘を持って行こうとしないので
世話焼きおばちゃんがしゃしゃり出て
「これは一昨年異動してもういない方の忘れ物の傘なので使っても全然問題ないのでこれ使って下さいね、
大き目だから雨がひどくても濡れないだろうし」と傘を持たせました。
それで小鳥さんは帰っていきました。

私が帰る頃には奇跡的に雨がやんでいたのでさっさと駐車場に向かいました
「誰も心配してくれたり気遣ったりしてもらえない人でも何とかなるようになっているのね」
などと妙に納得した気分になりましたが
その後お店に寄って買い物をしているうちにまた雨が降り出して
店から車までの間にけっこう濡れてしまったのでした・・・

しかしあの仲良さげに話をしているところに通りかかるとかはなんとも気まずい感じです
別に単に世間話とかしているだけなので相手の方達はやましいことなんてないでしょうね。
見てはいけないものというのは相手側に対する気持ちもありますが
逆に自分がそれによって感じるみじめさ?みたいなものを味合わないようにという意味でも見てはいけないものだなぁ、
でもその辺で話しているから見ちゃうじゃないの・・・って思ったり

単にあれこれのコンプレックスや美醜による情けなさやみじめさを味わった者のひがみとか
まあそんな気持ちなだけですね
老いればそんなこともなくなるのか、いやもっと増していくのかと考えて
この思いは一生ついて回るものなのかもしれないなと思った次第です・・・

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

前の職場の事をあれこれ思い出しました

今日前職の社外報みたいなものを目にする機会がありました。
新卒の人の紹介とかあったりしてふむふむと眺めて
最後に社内の紹介みたいな図がありました。

前いた事務所は昨年一番若かったWさんが異動になって
その後は他の事務所からベテランの人が来たようでした。
で、私の後は女性が一人入っていたと思います。
それが今年はそのベテランの人が異動になって
新卒の人が配属されて、女性は2人になっていました

おそらく新卒の人はすぐには戦力にはならないので
人員を増やしたんだろうなと思いました。
ってそれだったら私がいた頃も増やしてくれたら良かったのに、と思ったり

確かに人員は足りていたようでも異動したてで少し浮世離れした経理王子と
ベテランだけど他のヘルプに行ってかなり不在だった係長さんとかがいて
実際はかなり人手不足感がありました。
所長も新しく異動してきた人だったし・・・
6人中新人が3人、ベテランの兵長さんと係長さんはほぼ不在、
一番若手のWさんはかなりの負担でいっぱいいっぱいだったと思います

昨年からは係長さんも戻られたと思うし後の皆さんも慣れてきただろうし
人数通りで手が足りていたのじゃないのかなと。
で、今年は人員増ですからね。
それでもきっと時給850円のパートさんではあると思いますが・・・

私のいた時は以前2人で回していた仕事が規模が縮小されたからと
1人でできるやろ、的な感じでやっていましたがやっぱりキャパオーバーでした
しかも秒を争うような入力が主な仕事でしたし
私には向いていない仕事の上に負担も大きかったです。
負担がもう少し少なかったら続けられたかもしれなかったかなと思いました。
結果としては今は負担の少ない仕事に就けていてそれで良かったとは思っていますが・・・

前職を辞めたことは結果オーライだったと思っているので後悔はしていません。
何だか遠い昔の事のように思えて懐かしい気すらしますw
個性の強い人ばかりだったし強烈な職場でした。
何しろ罵声や怒号が飛び交うような事務所でしたから
新卒の方が数か月で辞めたってこともあったので
今年の新入社の方はなんとかがんばって欲しいなと思いました

それと今日の小鳥さんの仕事をふと見て
いつもお給料日にやるような事務仕事をしていたので
あれ?お給料日はこの前済んだはず・・・と思って
後から、あ!夏のボーナスか!と思い至りました
ボーナスなしの身になって数年経つので支給の時期も忘れていました。
公務員は民間より少し早いんじゃなかったかなと。

以前はもらえても年で2か月とか大した額ではありませんでしたが
それでもすごく嬉しかったし家計も助かりました。
今は月々のお給料も少ない上にボーナスもなしです
きっと正規職員の皆さんはうきうきしているんでしょうね。
帰って新聞を読んでいたら確かに公務員にボーナス支給の記事がありました。

仕方のないことなんですが自分には縁のないことと思うのは悲しいですね
もし前職でそのまま勤められていたらわずかではあってもボーナスはもらえていたかも・・・
でもでも所詮時給850円なので残業などがんばらないと全体的には少なかったかも
いやいや、そもそも腕や肩を痛めたんだから続けるのは無理だったし
などとあれこれ考えちゃった一日でした

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

色々出てくる職場です

今年も春からぼちぼち色々出てくるようになった職場近辺ですが
嫌なタイプのやつが多いです

まず毛虫は大量発生しなかったものの病院行きの被害者も出ました
それから、ムカデ!目撃情報もいくつかあり、私も死骸は目にしました
けっこう大きいのがいたとかで戦々恐々としていましたが
先日ロッカールームでジャニ君が「ムカデがいる!」と言っていたので
急速冷凍スプレーみたいなのを渡して退治してもらいました。
死骸は割りばしでつかんで紙袋に入れてゴミ箱へ・・・

さすが男の子?いざとなったら頼りになるわ、と思い
「ムカデってけっこう大きかったですか?」と尋ねてみました。
すると「いえ、3センチくらいでした」って言われて・・・
それムカデじゃなくないですか?ヤスデかなんかじゃないの?と

「○○さんが10センチ以上の大きいの見たって言われてましたよ」と言うと
「え~?そんな大きいのは僕は対処できません」と苦笑いしていました。
ジャニ君、実はけっこう虫嫌いらしいです
それでも3センチのを退治してくれたのは感謝しないといけないですねw

その後、ハチの巣が見つかり撤去してもらったものの
施設の他の場所でもハチが飛んでいてとの情報が入り
今日は「ハチに注意!」の張り紙を作りました。
知らずに巣に近づき過ぎても攻撃されるらしいので巣がありそうな辺りは要注意です

そして実害はないものの私は先日駐車場でヘビを見ました
長さは1メートル以上はあったと思います。
シマヘビみたいに細っこくなくてほどほど太かったような?
雑草が生えている斜面の階段を下りていたら脇の草むらから
ザザザッとヘビが移動して行ってその先の駐車場の車の下に入り込んで行きました。
自分の車じゃなくて良かったです

お掃除の方に聞くとその辺りに住み着いているのがいるそうでした。
それに山が近いのでマムシとか危険なヘビもいるようです。
何年か前に施設内で見かけてその時の営繕の方が捕まえたそうです。
ヘビって言うだけで嫌ですが毒があったり危険だともっと嫌ですね

とりあえず大型の動物などはまだ出ていませんが
近辺ではサル、アライグマなどは私も目撃しています。
即危険というわけではないですが野生動物が結構近くに生息しているなと感じます

最後に昨日発見されたのが・・・ツバメの巣です
すごく高い軒に作られていたのでわかりにくかったようです。
お掃除の方が「床にフンが落ちているのでどうしたらいいか」と相談に来て
それで段ボール箱や新聞紙を持って現場に行きました。

巣があるのは気が付いていたそうですがしばらく何もいなかったので
今年はいないのかと思っていたそうでした。
でも・・・そのフンが落ちている場所って建物の出入り口なんですよ
そこを利用する人はけっこういて通ればフンとかわかるはずです。

お掃除の方も毎日そこへ行くわけじゃないので発見が遅れましたが
そこを使う人が気が付いて言ってくれればもっと早めに対処できました。
簡単に掃除をして箱とか新聞紙を置いてとりあえずそれで様子見にしました。
本格的な掃除はヒナが巣立ってからにしようと言うことで・・・

とやっていたら通りかかった人が見ていたので
「高い所にツバメの巣があってフンが落ちていたので」と説明すると
「あ、そうだったんだ、何かこびりついているなとは思ってたんだけど」とのことで・・・
気が付いてはいたけれど気にしなかったってことですね
ツバメは可愛いし巣を作ると幸運が来るとかの話もあるので別にいいんですけどね。

あ、後、駐車場の周りの水路にはヤモリがたくさんいるとか!?
捕まえにきた小学生の子達がいて目撃した人によると
「虫かごみたいなのにめっちゃたくさん捕まえていた。たぶん50匹はいると思う」だそうで
それ家に持って帰ったらお母さんとか卒倒しそうですね

山の中の施設はやっぱり色々出てくるなと実感しました。
若者たちは虫が苦手な人が多いのでこれからも大変かも、と思いました

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

寒い季節がやってきた

とうとう恐れていた寒い季節がやってきました
何おかしなこと言ってんの?と言われそうですがもちろん外は暑いです。
昨日以外は梅雨だと言うのに連日の晴天で
最高気温32度なんて真夏日もありましたからね。

でも・・・室内は寒いんです
いよいよ午後は冷房が入るようになったのですが
暖房の季節にエアコンの送風口にガイドを付けて温風が真下に来ないようにして
その代わりに私にまともに風が当たるようになりました。
なので寒い季節はやたらと暑かったのです
そして今は冷風がまともに吹き付けてくるんです

やけに涼しいと思って温度設定を確かめたら25度でした
まだ6月だしそんなに暑くないのに・・・と思ってこっそり28度に上げておきました。
でもまた25度に下げられていました
と言うことは誰かが意図的に25度にしているということですよね。

女性陣は私も含めて長袖とか半袖に薄手のカーデガンとかそんな服装ですが
男性陣はほぼ皆さん半袖なんです。
それでも25度じゃないと快適じゃないってどんだけ体感の温度差があるのかと・・・

昼食を食べる休憩室が一番涼しいのですが
つい先日まで真ん中さんは小さい毛布のひざ掛けを掛けていたくらいです。
今でもそこに入るとヒヤッとします。
寒がりな女性陣がそこで過ごして暑がりな男性陣が事務所をガンガン冷やしてって
ますますどこもかしこも寒くなっていきます

今日で寒くなって3日目で午後になるとエアコンが入るのですが
一昨日、昨日と小鳥さんは午後は不在でした。
それで今日は小鳥さんにも寒くないかどうかを尋ねてみました
すると
「いえ、まだそれほど寒くないです・・・」との返事で、あれ?と思って気が付いたのは
私が大きな壁となって小鳥さんを冷風から守っているんだ!と言うことです

大きくて分厚いグレート・ウォール・・・
そりゃまだそんなに寒くないわけです。
場所によって風の当たり方が違うというのもあるでしょうし。

今日はじっとしていると足元とかすごく冷えるので
あちこち動き回る仕事を優先してやっていました。
廊下とか屋外に近いところに行って暖を取る感じでした
私が座っていなければ小鳥さんも寒さを実感してくれるかなとか思ったり・・・
私一人が「寒いので温度上げて下さい」とか言うよりも
「小鳥さんが寒いって言っているので何とかして下さい」の方が
男性陣にはすごく効果的だろうなと考えてみたり?

だって私は太っているし肉厚だから
「そんな、その肉のたくさん付いた体で寒いわけないじゃない?」と思われそうですが
小鳥さんは全く贅肉がなくてほっそりしているので
「それは小鳥さん、寒いはずだわ、可哀そうだわ」とか思ってもらえそうです

とりあえず生地厚めのパンツとか薄くない靴下とか服装で自己防衛はするつもりですが
何とか小鳥さんの証言も得て温度の上昇を計りたいと思っています~

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

プロフィール

りんちゃん
りんちゃん

やっと再就職できました^^
でも貧乏生活は続きます^^
詳しくはこちら♪

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

いつも応援いただき
ありがとうございます

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お世話になってます

クリックすると変な動きします

特に便利な機能はありません