りんちゃんの ガーーンな日常

りんちゃんの ガーーンな日常

やっと再就職できました^^でも貧乏生活は続きます^^

お金のかからない娯楽!

最近また図書館に行くようになりました。
事故の件もあってそんなに出かける気分でもないし
出ればそれなりにお金も使うので節約には家にいるのが一番です
テレビも最近見たい番組もそんなにないし・・・
となってまた読書熱が再開した感じです。

読むのはミステリーとか怖い話とか・・・
楽にさくっと読めて面白くてと言うのが希望なので
アンソロジーとか短編集とかも借りて読んでます。

図書館の書棚を見て気が付いたんですが
最近のドラマって小説原作が多いんですね。
見たことあるようなタイトルがたくさんありました。

そんなわけで話題のドラマは全然見ていませんでしたが
原作本を読めば気になっていたものも楽しめるなと思った次第です。
それで読んだのが「楽園」と「夜行観覧車」です。
どちらもなかなかおもしろかったです。
生身の人間の話ですがある意味かなり怖い本でした

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽園(上) (文春文庫) [ 宮部みゆき ]
価格:820円(税込、送料無料) (2017/6/10時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽園(下) (文春文庫) [ 宮部みゆき ]
価格:756円(税込、送料無料) (2017/6/10時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夜行観覧車 (双葉文庫) [ 湊かなえ ]
価格:699円(税込、送料無料) (2017/6/10時点)



怪談は実録物とか好きなのでそんな物を何冊かと
てのひら怪談という傑作選など読みました。
日頃ホラー映画を観たりしてもあまり怖いと思わないのですが
情景を想像しながら読むと文章の方が怖いこともありますね。
特に創作じゃない実録物はきれいなオチがあるわけでもなくて
不可思議な話があった、という淡々とした文章が意外にゾクッとくることもあります。

それにしてもお化けよりも実は生身の人間の方が怖いという話、
人の心の怖さと言うのは本当にあるなと感じることもあり・・・
夜中の2時3時まで怪談話を読んでいても特に怖いとかは思ったりしませんが
人は怖いなと思ったことは何度もあります
今思い返してみれば死にそうになったこともあったり・・・

昨夜も家呑み→テレビ→読書と休前日をのんびり楽しみました
浮世の徒然を忘れさせてくれる一時は貴重です。
ってただの嫌な事からの逃避かもしれませんけれどね

まだ読んでいない本も何冊かあるのでそれも読んで
また図書館に行こうかなと思っています

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りんちゃん
りんちゃん

やっと再就職できました^^
でも貧乏生活は続きます^^
詳しくはこちら♪

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

いつも応援いただき
ありがとうございます

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お世話になってます

クリックすると変な動きします

特に便利な機能はありません