りんちゃんの ガーーンな日常

りんちゃんの ガーーンな日常

やっと再就職できました^^でも貧乏生活は続きます^^

貧乏な友人ともう一緒に遊べない

タイトルはツイッターで話題になっているブログ記事らしいです。
ご興味のある方は検索してみてください。
コメントまで見ると以前にも何度も話題になっているようで
もしかしたらネタなのかもしれないのですが・・・

ざっくり説明すると学生の頃はお互いに貧乏同士で金銭感覚も合っていたけれど
就職して自分は正社員になって金銭的に余裕もできたが友人は派遣で相変わらず貧乏。
たまに会っても昔のように安いお店とかしか行けないしお金がないと遊ぶのを断られる。
なので今後は貧乏な友人とはもう一緒に遊ぶことはないだろう、という話でした。

もう身に覚えありまくりで戦慄しました。
ランチやお茶のお店はなるべくお金のかからないところとか
ドリンクを付けるかどうか悩むとか
お金のかかる遊びには行けないと言うとか
とにかく自分のことを言われているんじゃないかと思うくらいで・・・

ただ私にはこんな余裕のある友人はあまりいないので
ここまでは思われてはいないだろうとは思います。
でも辞める辞めるの友人は最近はわりと良いお給料をもらっていたので
何となく金銭感覚がずれているなと感じたことはありました。
その前は同じくらいの金銭感覚だったんですけれどね。

ただし年に一度とかしか会えない友人だったとしたら
私だったら多少は無理をしても良いお店に行くとかはすると思います。
相手に自分に合わせてもらうよりはその方が気楽です。
でも頻繁に会うとか遊びに行くとかは・・・やっぱり無理ですね。

金銭感覚の違いや貧富の差で一緒に遊べないのはもう仕方ないですね。
富める方からしたら「なんてつまらないんだろう」と思うのでしょうが
貧した方からしたら「そんなに無駄遣いするお金なんてないわ」でしょうし・・・

ただし本当に友達同士ならお互いに歩み寄るとかもできそうな気がしますが・・・
あ、この話は一応裕福な人が貧しい人に合わせてあげているわけですね。
それで「つまらない、もう一緒に遊べない」と言っているわけで。

これは互いの想像力の欠如と言うかわかり会えていないのが原因でしょう。
互いの立場になって考えてみたら一緒に遊べないのはわかりきったことです。
救いは富める方が「もう一緒に遊ぶことはないだろう」と言っているところでしょう。
だって互いに金銭感覚の合う相手と遊んだほうがよっぽど幸せでしょうから。
一緒にいて互いに相手に不満を持つなら会わない方がいいです。
早く立場の違いに気が付いて良かったねと言ってあげたいです。

私の好きな言葉に「身の丈を知る」という言葉があります。
決して卑下とかそういうことじゃなくて自分を知っているということが大切だと思うからです。
金銭でも何でも自分の身の丈を知ってそれに合うのかどうかをよく考える。
そうすれば無茶や無理をせずに済みますから・・・

それも悲しい考え方だと思われるかもしれませんがこれも処世術の一つです。
身の丈を考えず行動したい人はそうすればいいしそれには反対しません。
私は身の丈を知って金銭感覚の近い人と遊ぶ方を選びます。
きっと私はその方が幸せなんだと思います。

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りんちゃん
りんちゃん

やっと再就職できました^^
でも貧乏生活は続きます^^
詳しくはこちら♪

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

いつも応援いただき
ありがとうございます

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

お世話になってます

クリックすると変な動きします

特に便利な機能はありません