りんちゃんの ガーーンな日常

りんちゃんの ガーーンな日常

やっと再就職できました^^でも貧乏生活は続きます^^

非婚子無しは虐げられる・・・

友人から聞いた話です。
以前から職場での扱いがひどいと言う話はよく聞いていました。
中途採用なので立場が弱くて生え抜き派にはいいように使われて
少しでも反論とか逆らう?ような真似をすると
その10倍くらい言い返されたりもっと扱いが悪くなって結局自分が嫌な目に遭うので
いくら大量に仕事を押し付けられても理不尽な目に遭っても
ずっと我慢して耐えて仕事を続けている・・・状態だそうです

これは性格や立場で弱いところがあるのでそれに付け込まれると言うか・・・
世の中にはずるくて強気でうまく立ち回る要領のいい人もいれば
そんな人の割を食って面倒なことを押し付けられる人もいます。
友人はうまく断れない、断っても言いくるめられる、押されると弱い
強く断れずそのうちに諦めてしまう、というようなパターンらしいです。

「結局自分が悪いんだけど」「いつもの愚痴なんだけど」と電話がかかってきます
確かに強く言える人は嫌なことは嫌とはっきり言って面倒な仕事から逃れて
友人のように押し切られてしまう人はそんな仕事を押し付けられて・・・となるので
それなら友人も強く嫌だと言えばいいんじゃないのかなと単純に思いますが
ことはそう単純ではなく上の人の覚えが良い人はそういう我儘が許されて
立場の弱い人は嫌と言っても何度も言われて結局引き受けざるを得なくなるとか

断って相手の心証を悪くしても結局引き受ける羽目になるなら
最初から素直に受けて心証をよくする方がまし、とか
だんだんそんな心境になってきているそうで・・・

その辺りは非婚とか子無しとかあまり関係がなさそうなんですが
それがどうもそうではないらしいのです。
曰く「子どもがいる人は忙しいだろうから」とか「大変だろうから」とかで
委員やなんやかやの面倒なことから外してもらえるとか?

でもそれで同じお給料だと何だか不公平ですよね
既婚、非婚、子あり、子無しはその人の個人的な都合だし
極論を言えば好きでそういう家族を持っているんだからそれでなぜ優遇されるのかと。
そもそも産休とか育休とか優遇されていることがたくさんありますし。
それだけ結婚して子どもをもうけて育てるということに社会的意義があって
そうしない人間は最大限それにそれに協力しないといけないと言う事なんでしょうが・・・

その辺りまではまあわかります。
でも頭ではわかっても「独身で家族がいないから早く帰らなくてもいいだろう」とか
「独り身で楽だろうから少しくらい無理をしてもいだろう」とか
そんなことを思われたり言われたリしたらそれはひどいと思いますよ
友人の職場はそんなことは日常茶飯事らしいです

今回特にひどいと思ったのはこれを言っちゃうと職業が限定されちゃいますが
健康に関することです。
家族がいたり子どもがいたりする人は健康に差しさわりがある業務は
「可哀そうだから」と上が忖度してあげて外してもらえて
そうでない人は「その人本人だけだから」という理由でその業務に当たらされる・・・
これってもうパワハラとかになるんじゃないでしょうか?

友人によるとパワハラ、モラハラは当たり前でもう慣れてきたし
諦めの心境で逆らうことも言い返すこともしなくなってきたとのことですが
やっぱりそれはひどい扱いで差別で虐げられていると思います
でも「嫌ならいつでも辞めてもらっていい」とまで言われるような職場らしく
働き続けるためには幾多のハラスメントやいじめに近いことも我慢するしかないとか・・・

私は非婚子無しでもそこまでひどい扱いを受けたことがなくて。
会話に入れないとかそのくらいの経験しかないので
ここまでひどいところもあるもんだなんと戦慄しています

非婚子無しは人として未熟とか社会貢献していないとか
一人前に見てもらえないとかの話もよく聞きます。
そんな風潮だとまるで自分が悪い、人として足りない物があるとか思わされますよね。
そんな風に思わされるのもそうとうひどいことです・・・
詳細は言えませんが日々そうした職場でがんばっているのが友人です

今度遊びにいく友人というのがこの友人なのです。
いつも嫌なことがあったり辛いことがあったり虐げられていてもがんばっています
会う日にはせめて日々のストレスを解消して楽しんでもらえたらいいなと思っています

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

聞かれて返事に困ること

おひとり様生活も結構長いのですが
未だに聞かれてウッ!と返事に詰まるようなことを聞かれたりします
それはもちろんいい年をしているから
普通の人ならそれで当たり前ってことだからでしょうね

でも、以前の職場でも結構長く一緒に働いていても
個人情報をあまり話さないせいかおひとり様と知られていないこともあり
「お子さん何年生?」とかいきなり聞かれたりしました

ま、何年生の子どもがいても全く不思議じゃないので
普通に結婚して普通に子どもがいる人と思われていたんでしょうが
「いえいえ、子どもはいないんですよ~」と返すと
「それじゃ旦那さんと2人?」と更に突っ込んでくる人も・・・
「いえいえいえ、独り身なんです~」と言うと
「あ、そうだったの?それは・・・」と申し訳なさそうに言われることも
別に申し訳なく思われなくてもいいんですけど

つい先日も知り合いの年配の方に
「もうすぐ夏休みだから大変だね、お子さん何年生?」とか聞かれて
「あ、子どもはいないので大丈夫です」なんて言っちゃいました
どちらかと言うと大丈夫じゃないのかもしれません

今日も久しぶりに前々職の頃にお世話になった方とバッタリ会ったら
お久しぶり、お元気そうで~と言う定番のやり取りの後で
「それで結婚の方はどう?」なんて単刀直入に聞かれました
「ええ?いやいや、何もないですけど」と焦って答えると
「だってほら、少子化だしお子さんとか早くしないと・・・」なんてまた言われ・・・

いやいやいや、そんな事言われてももうとっくに遅いですよ
人のこと一体いくつと思ってみえるんだろうとちょっと戦慄しました

こんなやりとりはもう終わったと思っていたんですが
しばらくぶりにお会いするといろいろリセットされちゃうんでしょうか?
年配の方だから勘違いとか忘れたとかあるんでしょうね

それにしてもこの年頃の女性なら妻で母なのが当たり前って思われるのが少々やっかいです。
さりとて世の中の大半の人はそうなんでしょうし、
少数派の事まで慮ってはいられないのも事実なんでしょうね。

先日行った仕事関係の研修でビジネスマナー講習の時に
5,6人に分かれてのグループワークがありました。
その最初にまず1分ほどで自己紹介をすると言うのがありました。
私はじゃんけんで負けて1番に話したのですが
プライベートな話題も少し入れてとのことだったので
どこ市住まいで職場がどこで通勤路がこんな感じです、みたいに話しました。
通勤路でサルとか見るしイノシシも見たことがある、と言うのは
ちょっと面白いかなと思ってw

6人グループで男性1人の他は年代の違う女性5人だったのですが
私以降の女性の皆さんはプライベートな話題なので、だったのかもしれませんが
皆さん子どもさんの事を話されたんですよね。
今いくつで、とか、何年生で、とかそんな詳しいことではなかったですが
それでも皆さん子どものことを話していました。

自己紹介で子どもがいくつかって・・・それって自己なのか?と
後になってふと疑問に思いました
で、一番最初に話して良かったなとも思いました。
あの流れで1人だけ子どものことを言わないのも何だか妙な感じでしたし・・・
男性の方もきっと家族はあると思うのですが自分の趣味の話とかをされて
特に家族や子どもさんの話しはしませんでした。

でもよくよく考えたら子どもがいくつかとかで話題って生まれるんでしょうね。
年が近ければ近いで、差があれば差があるなりに会話のきっかけになったりするんでしょう。
後は共通の意識と言うか共感できる話題も多くなるし
お互いに子を持つ母であるという予備知識があるといい事もあるんでしょうね。
それと子どもの母であるというのがアイデンティティの1つであるのかも。

何人の男の子の母ですとか、いくつの女の子と男の子がいますとか
そう聞くだけで何となくその人の生活が想像できたり?
そうなると自己紹介で子どもの事と言うのもわかる気はします。
逆におひとり様の自己紹介はいまいちイメージしてもらいにくいのかも?
私の場合は猫を飼っています、みたいなのでお茶を濁していますがw

もうかなり慣れてきたので言われて傷つくとか嫌な気持ちになるとかはないですが
いきなり聞かれたりするとやっぱり返答に困る質問もあります
立派なおひとり様としてはもっとさらっと受け流せるといいなと思いました

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

1人でどこでも行っちゃいます

昨日も今日も出掛けていました。
昨日は職場の近くでその地区のお祭りがあったからです。
そのお祭りは有名なんですが今まで見たことがなかったし
その地区在住だったKさんもお勧めしてくれたので行ってみました

近所の友人を誘ったのですが仕事があったためお断りされたので
ちょっとお祭りを見に行くくらいだから、と1人で行きました。
お祭りは噂どおりに御輿がきれいだったし迫力もあったし
古い町並みも賑わっていてただ見物していただけでも楽しかったです

帰り道でポイント10倍デーのドラッグストアで買い物をして
それもなかなか有意義でしたw

友人にその様子を写メで送ったところ
「誰か友達と行ってきたの?」と返信があったので
「1人で行ってきましたw」と答えると
「え~、1人で行ってきたんだ」とちょっと驚いた感じでした。

こういうことはけっこうあります。
食事とかケーキブッフェとかイベントとか旅行とか
1人で行ったと言うとよく驚かれたりします
きっと1人で行くような感じじゃないと思われるんでしょうね。

でも・・・誰かと一緒じゃないと行かないという選択をしていると
どこも行けなくなっちゃうんですよね
趣味や休みの合う友人がそんなにいるわけじゃないし
近所の友人ともなるべく休みを合わせてたまに会うくらいですから。

お天気も良くてドライブも楽しそうで買い物も合わせてできるなら
ちょっと1人で出掛けてもいいな、と思います。
本当は出掛けないのが一番の節約なんでしょうが
年に1度のお祭り見物となると貴重な機会ですしね。

もちろん誰かと一緒に出掛けれればそれが一番ですが
何せおひとりさまですから

今日は日曜朝市の買い物やガソリンスタンドなどに行ってきました。
これは普通に日常的なお出かけですが
お得に買い物ができるというのは楽しいし嬉しいです。

食材などは毎日ちょこちょこ買いをしているとかえって買い過ぎちゃうので
最近は日を置いてまとめ買いをするようにしています。
その限られた材料で食事などやりくりするようにすれば
無駄もなくなりますしね

楽しくお出かけした後は節約を心がけて
何とかプラスマイナス0くらいにもっていけたらいいなと思っています~

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

ずっと前から1人ですがそれが何か?

今日の新聞の中ほどにとあるコラムが載ってました。
定年後の夫婦や男性、女性などをフィクションで描いて
ちょっと笑いが取れるような面白いコラムです。

いつもは頑固な旦那さんVS自由になりたい奥さん、とか
元気な奥さんVS濡れ落ち葉な旦那さんとか
夫婦間のすれ違いとかズレとかをおもしろおかしく綴っています。

今日は・・・旦那さんを亡くして1人暮らしをしている女性2人の話で
2人は友達でお互いに信頼して支えあっている仲。
1人の女性は親類の集まりで従兄弟に
「独りでさみしく生きているなんてあわれなもんだ」と嘲笑された。
「友達もいるし仕事もあるし犬と元気に暮らしてます」と答えても
「犬と人間は違う、おれは女房が死んだら後を追って死ぬ。
独り暮らしはみんなみじめでわびしい。空威張りするな」と追い討ちを掛けられ・・・

もう1人の女性は近所の同年輩の女性に
「あなたって強い人ね、私は主人がいないとダメ、何もできない。
独り暮らしなんて怖くてできない。泥棒とか怖くないの?
よく独りで平気だわね」などと
失礼なことを言われた。

2人は憤慨して怒りを語り合って
「いわれなき偏見なんて聞き流しましょう。
はい、私は独りです。それが何か?ってね」
と言って声を上げて笑った・・・
こんなお話でした。

とりあえずこの2人は結婚はしていて数年前に夫を亡くした設定です。
子どもはいるのかいないのか、兄弟とか近しい親族はいるのかいないのか
その辺りは短いお話なのでよくわかりません。

でも・・・この2人も結婚生活を送っていた時は
失礼な事を言っていた人達と同じだったのかもしれません。
いざ独りになって独りの人の立場や気持ちがわかったのかも・・・

だってこの方達は1人暮らしはまだ数年ですよね?
私とか他のおひとりさまの友人たちは
1人暮らし歴は十数年はいっています。
それこそずっと同じように失礼なことを言われ続けています

私もよく「よく1人で暮らして平気だね」とか
「泥棒とか怖くないの?何かあったらどうするの?」とか
うんざりするくらい言われてきました
同じように「猫がいるからさみしくないよ」とか言ってました。

コラムでは「人は誰しもいつかは独りになる」とありましたが
いやいや、いつかは、じゃなくてもうずっと独りですけど?
1人暮らし歴が板につきすぎてもう誰かと一緒に暮らすとか
あまり考えられなくなっているほどです

それにしても何で1人暮らしだからってそこまで言われなきゃいけないんでしょうね。
連れ合いを亡くして、なんてその人が非難される言われなんて何もないです。
「1人でさみしいくないのかな」くらいは思っても嘲笑するとか・・・
世の中ってそんなんなんですか?
今、老いも若きも1人暮らしって多くないですか?

本人がさみしいとかみじめとかわびしいって思うのはあるとは思いますが
まわりの人間がそこまで思うのでしょうか?
それとも筆者の人がそう思っているのか?

個人的には結婚して子どもを産んで育てて家庭を築いている人達は
えらいなと思うし尊敬もしているしすごいことだと思っています。
苦労とかもあるだろうし辛い事もあるだろうし・・・
私のようなおひとりさまはそんな苦労とは無縁です。
ある意味楽な人生なのかもしれません。
ただその楽と引き換えに素敵な家庭はないのですからね。

どっちが偉いとかどっちが正しいとかそんな話ではなくて
ただ選んだ道が違ってしまっただけ、なんだと思いますが・・・

年を取ってから連れ合いに先立たれて1人になった方には
胸をっ張って「おひとり様ですけど、それが何か?」って言ってほしいです。
そして私のようなずっとおひとりさまな人間も堂々と
「ず~っとおひとり様ですけど、それが何か?」って言えるような
そんな世の中であってほしいと思います・・・

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

         
プロフィール

りんちゃん
りんちゃん

やっと再就職できました^^
でも貧乏生活は続きます^^
詳しくはこちら♪

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

いつも応援いただき
ありがとうございます

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

お世話になってます

クリックすると変な動きします

特に便利な機能はありません