りんちゃんの ガーーンな日常

りんちゃんの ガーーンな日常

やっと再就職できました^^でも貧乏生活は続きます^^

あっという間に年度が変わって・・・

金曜日は平成29年度最後の日でした。
例年のごとく異動してくる職員さんのあれこれを準備したりして
午前も午後もずっと忙しかったです

上の事務所はかなり異動があって顔ぶれが1/3くらい変わります
でも私のいる事務所は1人しか変わりませんでした。
多分本人も周りの人もそうだろうと思っていたのですが・・・
異動になったのはジャニ君でした

わかってはいたしジャニ君にとっては本庁に返り咲き?なので
これはおめでたいことなのですが・・・
やはり職場からイケメン男子が消えるのは悲しいことです
イケメンなだけでなく仕事もできるし性格も良いし
本当に申し分ない人柄で皆に愛される存在でした。

一番年が若いのに事務所内では一番長くいるために
おそらく年齢や序列以上に頼りにされて負担も大きかったのではないかと・・・
それでもいつもニコニコして大変な仕事もがんばっていたジャニ君でした。
私が勤め始めた頃からいるのはもうジャニ君だけになってしまったので
個人的にも今の職場で一番長く一緒に働いていたわけで
お名残惜しい気持ちもかなりありました

異動が決まってから片付け仕事とか引継ぎとか更に忙しい毎日だったと思います。
私ごときでも前々職を辞める時にはあれこれ忙しくて残業続きでした。
きっとジャニ君も毎日残業しているんだろうな、それでも最終日は大変なんだろうなと思っていました。

そんな金曜日だったんですがお昼前に事件が発覚しました
詳しくは言えませんが警察官が来るようなことです
ただでさえ皆さん忙しいのにその対応や今後の事での会議が開かれたりと
なんでこんな日に発覚するんだ・・・と皆さんうんざりだったと思います

それでもてきぱきと行動して対処していた職員の皆さん・・・
前々職と違って本当に皆さんよく働きます。
まあ前々職もたまたま2人続けて働かない所長が来ただけかもしれませんが

その事件のせいで私も駆り出されてジャニ君と少し離れた場所に行ったのですが
その移動の最中に
「僕が来てから毎年何か事件が起きるので
僕が疫病神なんじゃないかと思ってます」なんて
冗談にしても気の毒なことを言われたので
「厄病神だなんて絶対にそんなことないですよ、
たまたまその時に居合わせちゃっただけですから」と答えました
慰めにもなりませんが本当の事ですからね。

ジャニ君も明日からは新しい部署で心機一転がんばられるとは思います。
後任はベテランの女性職員の方で
先日の引継ぎの時は手土産を持ってきてくれました
穏やかそうないい感じの方だったので良かったです。

そんなわけで昨年度末は最終日が一番バタバタして慌ただしかったかもしれません
この土日はゆっくりして近所の桜を楽しんだりして過ごしました
きっと明日からの年度始めも慌ただしいとは思いますが
また1年間がんばっていきたいです~

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

とりあえず首がつながった?

ちょっと前のお昼休みに非正規3人で
「来年度の更新の話ってまだないですよね?
「昨年は1月にありましたよね?」
「今年はまだないって・・・何かあるんでしょうか?」
みたいなちょっと不安ですねぇ的なことを話していました。

それを話していてこれは直接課長に確かめた方がいいかも・・・
なんて思っていた矢先、先日課長からお話がありました
それもお昼休みでこれからご飯を食べようとしていた時で
つまりは3人いっぺんに話があったわけです。

まだ上の方から細かい話が来ていないので遅くなってしまったけれど
皆さんには来年度もお願したいけれどどうでしょうか?というようなことでした。

もちろん3人とも「よろしくお願いします」的に返事をしました
制度が変わる過渡期なので先のことはまだはっきしりしませんが
とりあえず来年度は大丈夫で良かったですね、とミソジニーズさん達は喜んでいました。
だがしかし!私の任期は9月までなんですよ
なので来年度と言っても9月までかもしれなくて・・・
一緒に喜ぶわけにはいきません
なのでこれはまた自分のケースはどうなるのか確かめてみなくては、と思っていました。

すると今日の午前中に、仕事中に課長がすすっと近づいてきて何かと思えば
来年度の更新に関する書類に署名と捺印をお願いしたいとのことでした。
来年度からこうした書類を提出することになったようです。
まず任期がいつからいつまでと、次年度の更新は働きぶりによる、ということと
32年度からは制度が変わるけれどそれまで継続して勤めていたとしても
優先的に採用されることはない、ということについて
確認しました、了承しました、という要は念書ですね。

署名捺印するのはやぶさかではありませんが問題は任期です。
そこにも4月1日~9月15日とありましたから
なのでこの際はっきり聞こうと思い
「9月15日以降のことですが私はもう任期満了で解雇でしょうか?
それともまだ更新していただける可能性はあるんでしょうか?」と言いました。

すると課長からは
「この4月の新年度からは任期が何年と言う上限のしばりはなくなるので
総務みんなの意見としてはこの先もりんさんには働いて欲しいと思っています。
できることなら9月以降も32年度の前までは働いて欲しい」と言うようなことを言われました。

もちろん働き続けることができるなら願ったり叶ったりです
なので「働かせていただけるのならありがたいです、よろしくお願いします!」と返事をしました
はっきり決まったわけではないですが総務課長がそう言ってくれるのなら
ほぼほぼ31年度末までは首がつながったってことではないでしょうか?
とりあえず今年は就活しなくて済みそうです。

ちなみに32年度の前までと言うのはそこまでは延長という形は取れるけれど
それ以降は普通に求人を出して応募してそこから採用されるということになるので
もし働き続けたいと思えば応募して採用されるべく面接などに臨むってことです。
そこで自分よりも適任者がいれば不採用になりますが
翌年はまた求人を出してまた応募者を募って・・・という流れになるようです。

正式な話はまだいただいていないので断言はできませんが
また8月くらいになったら更新のお話などしていただけるのかなと。
それまでは本心からは安心はできませんが
雑用係りでも慣れた人間の方がいいなと思ってもらえれば幸いです。

というわけでとりあえず、とりあえずは今の職場で働き続けることができそうで
無職になって路頭に迷うことがなくなって良かったです

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

路面凍結→1時間遅刻

そもそも見込みが甘かったっていうのが原因ではありますが・・・
今朝はいつもより30分ほど早く家を出ました。
大きな国道に出るまでは路面の凍結がすごくて超徐行運転でした。
これはまあまあ想定内でした。

そして国道に入ると雪は融けていてあまりなかったしほとんど凍結もしていなかったけれど
なぜか大渋滞で超超ノロノロしか走れなくて・・・
この時点でもう余裕はほぼなくなりました

そんな国道を抜けてやや田舎道に入りやっとこれで普通に走れるかと思いきや
また全然動かなくなって・・・
それでもジリジリ進むようになりました。
でもここで始業時間10分前になっていました。
普通に走れてもそこから30分はかかります。
諦めて遅刻する旨の電話を事務所にしました。
電話に出た方は私の通勤路で大渋滞が起きていることは知っていたようでした。

後はどれだけ遅れて着けるかどうか・・・などと考えていたら
後ろの車が右からの合流車を入れてあげていたので親切だな~と見ていました。
でもその入れてもらった車がゆるやかな登り坂で止まってしまいました
その後後ろからは全然車が来なかったので後続の車は
その車の犠牲になってかなり止まったままだったのではないかと・・・

やれやれ~と思っていたらまた坂の一番上で流れが止まってまた動かなくなりました
信号はまだまだ先だしこちらは下り坂です。
なぜこんなところで止まるのかと不思議に思っていたら
1台の車がこちらの車線に入りこんでいてそれが何とか向きを変えて
坂道を登ってくるのが見えてきました。

でも音が何かおかしくてキュルキュル言っています。
通り過ぎていく車を見ていたらなんと後ろから人が押していました
押してもらってそれでやっと登って来られたようでした。
そしてその後も押されて登ってくる車がいました。
その頃やっとこちらも動き始めたので坂道を下って行くと
反対側の車線に坂を上れない車が立ち往生して点々と止まっていて・・・

押されて登ってきた車はあの空回り感からすると
スタッドレス履いてないんじゃないのか?と思う感じでした
後ろの登ってこれなかった車もそうだったかもしれません。
私も上る際になんとなく変な音がしてスムーズには走れなかったのですが
低速ならちゃんと坂を上れましたからね。

その後も日陰でガチガチに凍っていそうなカーブのある下り坂とか
ガチガチに凍りついているトンネルの出入り口とか
急カーブの凍った登り坂とか難所を低速で走り続けて・・・
3つ目のトンネル、昨日事故を見たところでヤマトの配達トラックが立ち往生しているのも見ました
営業車だからよほどしっかり装備はしていると思うのですが坂を上れなかったようです。
何とか動こうとするのでこちらの車線に入らないかとヒヤヒヤしました

やっと職場の近くまで来たところで最大の難所がありました。
かなりの勾配がある登り坂とカーブの多い下り坂です。
でもそこは融雪剤を撒いていたのか凍結していなくて何とか上って下ってこれました。
すぐ前にものすごい低速で走る車がいてすごく慎重だなと思ってみていたら同じ職場の方でした。
私と同じくらいの遅刻だったようです

そんなこんなでいつもなら40分で着けるところを2時間弱かかってやっと到着できました。
私より遅く来た方もあったし小鳥さんは午前中お休みにしていました。
有休に余裕があれば私も休んだんですけどね

後で色々聞いたところでは私の通勤路でやっぱり事故があったようでした。
それと立ち往生していた車のせいの大渋滞でした。
他の方達も滑ったとか渋滞にあったとか話をしていました。
私と同方向の方はなんと高速を使って始業に間に合ったとのことでした。
他にも高速通勤をした方もあったようです。

今日はもう雪もあまり降らず帰り道は難所だけはそのままでしたが
それでも1時間弱で帰って来られました。
問題は・・・今日融けたところが明日の朝またガチガチに凍りそうなことです
今日の帰りもガチガチに凍結していたところは明日の朝も当然そのままでしょうね・・・

ここは・・・明日は1時間くらい早く家を出るべきなのか?
それともまた多少の遅刻は覚悟してもう少し遅めに出てもいいかな?とか迷っています
そもそも最近仕事がすごく暇でそんなに張り切って行くほどのこともないんですよね

一応早めに寝て早めに出るようにはするつもりですが・・・

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

久しぶりの仕事でした

今日は久しぶりの仕事でした。
年が明けて仕事始めからまだ3日目の出勤です

それなのに今朝は少し雪が降った後に急激に冷え込んで
車のフロントガラスがガッチガチに凍っていました
横の窓もリアガラスも全部凍っていました
それを取り除くのにすごく時間がかかってしまったし
途中の道も日陰などはまだ路面が凍結している感じで
カーブもあるしアップダウンもあるしでなかなかスリリングな通勤となりました
道端や山や木にはまだ雪が積もっていましたしね。
驚いたのは朝フロントガラスに残っていた氷が帰る時まで溶けていなかったことです
日陰に置いてあったとは言え日中もすごく寒かったってことですね。

仕事自体はいつもの雑用を淡々と済ませてあまり忙しくはなかったです。
休んでいる間の会議のお茶出しなどは小鳥さんが替りにやってくれたようです。
お礼とお詫びの意味も込めてお正月用に買ったチョコを1箱渡しました。
家には他にはろくなものがなかったので・・・
買い物にも全然行けなかったので仕方ないですよね

課長や係長も偉い方も声を掛けてくれたのは嬉しかったです。
もちろん他の皆さんも気遣ってくれてやっぱりいい職場だなと思いました。
また改めて愚痴らせてもらおうと思っていますが
わざわざ用事のために行ってあげたのに奥様ときたら
私が「実はインフルエンザでずっと寝込んでいて・・・」と言ったら
「ああ、やっぱりね」って言っただけですよ?

一番しんどかった土曜日に電話を掛けてきて風邪で寝込んでいると言ったのに
さほど心配した風もなく、顔を合わせてもそれですからね
そう言えば奥様のところで働いていた時もすごく熱があってしんどかったのに
帰って病院に行きたいと言っているのにその前にどうしても届け物をしてほしいと言われて
お役所まで何とか行ったもののしんどくてしばらく駐車場に止めた車の中で休んで
それでやっと帰ってこられた、ということがあったのを思い出しました。

口では心配したようなことをいう時もありますが
本質は自分の用事の方が大切って思っているのはよくわかっています。
今はたまにしか会わないので何とかやっていますが
あそこは本当に辞めて、と言うか会社がなくなったんですが、良かったと思いました。

そんなこんなでやや疲れて帰ってきましたが食欲は戻ってきました
せっかく解消したお正月太りも元に戻りそうな勢いです
何とか現状維持でがんばりたいとは思っています

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

プロフィール

りんちゃん
りんちゃん

やっと再就職できました^^
でも貧乏生活は続きます^^
詳しくはこちら♪

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

いつも応援いただき
ありがとうございます

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

お世話になってます