りんちゃんの ガーーンな日常

りんちゃんの ガーーンな日常

やっと再就職できました^^でも貧乏生活は続きます^^

貧乏でもできること

今日はあの未曾有の大災害から2年目の日でした。
午後からは関連番組をずっと見ていて
あの時間には日本中の人たちがそうしたように
黙祷を捧げました。

印象に残ったのは「風化が怖い」と言う言葉でした。
確かに日々色々な事が起きて災害や大きな事件もあります。
ともすればあの大災害の事も時間の経過と共に
思い出す事も少なくなってきてしまっているような・・・

特に被災地から遠く離れたこちらでは
現地の切実さや変わらない状況はあまり響いてこないのかもしれません。
1人1人ができる事を続けていく事こそ大切なんでしょうね。

そこで貧乏さんにもできる寄付もあります。
楽天スーパーポイントでも寄付ができます。
これは簡単だしポイントなので気楽にできますね
「楽天スクラッチ募金」

私もささやかながら期限切れになりそうなポイントなどを
ボチボチ募金させてもらっています。

他にも商品を買って応援応援することもできます。
「買って応援!」

有名なあしなが育英会でも募金を募っています。
こちらもクレジットカードなどでできるので簡単です。
「あしなが育英会 ご支援について」

わずかですが募金させていただきました。
これからもできるだけ貧乏さんでもできる範囲で
募金などしていきたいと思っています。

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

softbankのポイントで募金できます

携帯会社のポイントって何もしなくても毎月貯まっていきますが
利用する機会はあまりないのが実情です。
そしてsoftbankの場合は3年分をめどとして
それ以前のポイントは失効していってしまいます。

先日思いついて調べたらポイントで募金できました。

義援金プロジェクト ソフトバンクモバイル

下の方にマイレージポイントで寄付というところがあります。
私も危うく失効するところだった1000ポイントあまりを寄付できました。

労せずして貯まったポイントだし、失効して無になってしまうより
たとえわずかでも募金できて何かのお役に立てば嬉しいですね。

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

批判&非難されました

昨日ボランティアに行っていた時友達から電話がありました。
ちょっと出かけているから、と電話を切ったらまた夜に電話があって。
その前にお昼休憩の時にちょっとボランティアに出ていてごめんねという
短いメールを打ってはいました。

相手の話は日常的な四方山話で特に緊急と言う事もなくて
やっとNHKでニュース以外のものが見られるとか
昨日どこに出かけて何を食べたとかそんな事でした。

相手がふと気がついたように
「今日は仕事で呼び出されて行ったの?」的に尋ねたので
ボランティアだから個人で自発的に行っただけと答えて
どんな事をしたのかざっと話ました。
すると反応は「ふ~ん」だけでした。
それでやめておけば良かったのに
ついちょっと「他に何か感想はないの?」
と尋ねてしまったのが運の尽き?

まず「そもそもボランティアと言うのものに興味はない」
「そんなものは偽善と自己満足だけ」から始まって
「今そんな風に個人からの支援物資を送っても
かえって被災地の迷惑になる」
「そういった物資を送る燃料があるのなら
それを被災地に使ってもらうべきだ」
「支援物資は企業などから同じ物を大量に支援してもらって
全体に行き渡るようにしないと不公平になる」
等々言われて結局は
「いらない余計なことをしてきたね」と言う事でした。

別にほめて貰いたいとか労って欲しいというわけではなかったんですが
相手にはそんな風に聞こえて鼻についたのかもしれません。
こっぴどく叱られて非難されてしましました。
もちろん相手は被災地からはるか離れた所に住んでいて
何不自由なく日常生活を送っています。
現地の情報と言うのもネットとテレビのニュースだけです。
ただNHKしか見られない環境にいるので
他の人よりは熱心にニュースなど見ているかもしれません。

私にも言い分はあって受付を行うのは大きな団体で
全国規模で集めて独自のルートで素早く被災地まで届けられる。
今は各自治体でも個人からの支援物資を集めているから
早いうちにそうした物が届けられる状態にはなってきている。
雑然とした物を送るのではなくてちゃんと分類仕分けして
なるべく現地で人の手を煩わさないようにしている。
などは説明したのですがあまり納得してもらえませんでした。

相手もあくまでこれは自分の意見だからと言って
必ずしも正しいとは言わないとの事でした。
別に色々な考え方の人間がいてもいいじゃないかと。
それはわかりますし、相手の言う事も正論です。
実際過去にそういったボランティアに参加した事もあるし
今回も職場で半強制的に募金しているとも言っていました。
論理的でつい感情的になってしまう私とは大違いです。

こういった考え方が出来るのはすごいなと思いますし
冷静に分析とかできるのにも感心はします。
ただ・・・自分と考え方が大きく違う人間と
相容れあって仲良くできるかどうかは自信ありません。
何せ私は心の狭い人間ですから。

最後には人助けするとかよりもまず自分と
自分の家族の事をきちんとするべきと説教されました。
確かにそれはそうなのでそれには同意しました。
実家で災害の備えをしているとは到底思えないので
私がそれこそお節介でもしてあげないとダメかなと。
自分が十二分に備えをしておけばいざと言う時に
他の人を助けてあげられるかもしれないとも言われました。

そんなこんなで今日はまた非常持ち出し袋に色々詰めました。
・・・かな~り重くなってしまいました。
これにまだ猫のカリカリや何やかやを入れようと思っていますが
いざ、という時にこれを背負って行動できないと意味ないですし・・・

備えあれば憂いなしとは言いますが
一体どこまで備えたらいいのかと悩んでしまっています・・・

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

ボランティアに行ってきました

支援物資を持って行こうと荷造りをしていてふと思ったのが
どうせ行くのならボランティアでお手伝いしてこればいいんじゃないか?
ということでした。
物資の分類や梱包などのボランティアが募集されていました。
なので今日はおにぎりとお茶を持って行ってきました。

8時半の集合時間に行くとかなりの人が集まっていて
名簿に記入してマニュアルをもらってみんなで説明を受けました。
主に男性は来てくれた方の車の誘導、荷物を車から降ろす、で
女性や子ども達はその物資を分類して梱包すると言う事でした。

私は梱包グループになったのですが5つのブースに分かれていて
順番に割り振られていき最後に残って担当になったのが
救出・瓦礫等への対応物資と言う事で・・・
つまりはバールやスコップ、ハンマー、一輪車などなど・・・
はっきり言ってどんどん物資が集まるところとは思えません。

他のブースでは早速梱包が始まっても仕事がないので
私以外の男性と男子中学生は別の所の手伝いに行きました。
待機していると3人の女子中学生が来て一緒に作業する事になりました。
少しずつ雑巾やバケツなど運ばれてきたので箱詰め、梱包などしていました。
でもこれではあまり仕事がないなあと思っていました。

ところが隣のスペースで市の物資を受付始めて
こちらでは受け取れないトイレットペーパー、ティッシュ、タオルなどが
どんどん運ばれ始めたのでそちらの対応に追われる事になりました。
貯まった物はどんどん市の職員の人が庁舎へと運んで行きます。
遅れて今度は3人の女子大生がやってきたので
彼女達もタオルなどの処理をしてくれました。
箱入りで来た物を出して畳んで分類して、と結構手間なのです。

他のブースは受け取る物がある程度固まっているので
分類や梱包もどんどん進んでいましたが
こちらは分類不能の物も全部運ばれてくるので
段ボール箱がいくつも並んで全然梱包できませんでした。

たまにスコップや工具など本来の担当物も来ますが
これはブースの責任者の方が梱包してくれました。
でもこの男性、指示とかあまりしないしその場にもあまりいなくて。
自分がいなくても大丈夫と判断されて別の作業をされていたようですが
女子中学生や女子大生の方たちに混じっておばちゃん1人でがんばってきました。

お子さん連れの方の小さい子ども達がすごく張り切っていたり
中学生の子達が明るく作業に励んでいたり
一見それはちょっと?と言うような(ハイヒールとか、長~い爪とか)
の女子大生が真面目に作業をしてくれたりと
本当に今日会った人達はみんな良い人達ばかりでした。
同じブースの子達はみんな礼儀正しくて挨拶も気持ち良くて
みんなで協力しあって作業を進められました。

物資を持って来て下さった方達も大勢いて
食料や水が特に多かったでしたが
隣のブースの赤ちゃんの紙おむつや粉ミルク、
女性の生理用品なども沢山集まっていました。
皆さんやはり他人事と思えなかったんでしょうね。

結果としてはほとんど市の受付のお手伝いになってしまいましたが
それなりに忙しくて良かったです。
ただ、やっぱり思ったよりは来てくれた人が少なかったような?
新聞を見て準備していた方達も同じ様な物資を
家の近くで市が受け付けてくれると知ったら
そちらに行くのが自然な流れだと思います。
しかも今朝の新聞に市が受付という記事も載っていましたし。
どこが集めようがどこが運ぼうが被災地に早く届けられて
皆さんのお役に立つならそれはそれでいいんですが
何とな~く市が便乗したような感じも否めません。

午後から雨の予報でしたが終了の3時まではなんとかもって
帰り道の途中で大粒の雨が降り出しました。
少しはみんなの願いが天に届いたのかもしれません。
最後の終了の挨拶時に聞いたのですが
なんと100人もの人がボランティアとして集まったそうです。
貧乏OLなので募金とかあまりたくさんはできませんが
せめて労力で協力できて良かったなと思いました。

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

プロフィール

りんちゃん
りんちゃん

やっと再就職できました^^
でも貧乏生活は続きます^^
詳しくはこちら♪

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

いつも応援いただき
ありがとうございます

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

お世話になってます

クリックすると変な動きします

特に便利な機能はありません