りんちゃんの ガーーンな日常

りんちゃんの ガーーンな日常

やっと再就職できました^^でも貧乏生活は続きます^^

サンドバッグも打たれりゃ痛い

先週は想定外だらけの仕事が終わってホッとしたのもつかの間
今度は実家で問題が起きていました。
また親の調子が悪くなったとかでたまたま休みだった姉は
一日中側に居て面倒を見ていたとか・・・

幸いその後復活したようでしたが様子を見に行きました。
一見いつもと変わらないように見えて2日ほど前に
そんなに具合が悪かったようには見えずこちらもホッとしました。
でもその状態がどういうことなのか心配もあり
病院に行く相談をしました。

そこへ姉が仕事から帰ってきて・・・
実はその具合が悪かった日に父がけっこうひどい暴言を吐いたそうで
それがまた姉を傷つけてそうとう怒りや悲しみがあったらしく。
親身に世話をしているのに憎たらしいことを言うので
心底嫌になったとか情けなくなったとか
けっこう激昂して泣きながら叫んだりしていました。

言った本人がそんなことを言った覚えがないとか
知らないとか言うので怒りに火が付いたようでした。

なだめようとか慰めようとしても取りつくしまもなく・・・
「どうせ離れているあんたにはわからない。
この辛さは誰にもわからない。
一緒に暮らしたり世話をしたりしていないのに
わかったような顔をしないでほしい。
何を言ってもどうせ口先だけだから
それくらいならもう何も言わないでほしい
どうして私だけこんな思いをしないといけないのか」
とか、こんなような感じでした・・・

何か言っても罵倒され黙っていても罵倒され・・・
でも言われていることは確かにそうなので
言われても仕方ないなと思うばかりです・・・
なので罵倒も甘んじて受けるつもりではありますが
いくら打たれるつもりでいてそれを納得していても
気持ちが大丈夫と言うわけではありません。
打たれれば痛いので・・・

でもまあ依然と同じで怒りを吐き出したりすれば
いくらかはスッキリして気分も変わって落ち着いてくるようなので
帰る頃にはかなり平静になっていたし
その後のLINEではうっかり落ち着いた感じになっていたのでホッとしました。
しかし何かあるたびにこれが繰り返されるわけで・・・

仕事でも人手が足りなくて慢性的に忙しくて辛いとか
体調もイマイチで運動をしたくてもなかなか自分の時間が取れず
それもストレスを溜め込むことになってしまったとか
親の事以外でもそうとうストレスが溜まっていたせいもあるんでしょうね。

病院には金曜日に連れて行きましたが病状が進行したと言うよりは
一時的に薬の効果が切れたせいではないかと言われました。
たまに薬を飲み忘れる事もあるらしいのでそのせいかもしれません。
その後買い物に連れていったりしたのでけっこう時間がかかりました。
日曜日にも様子を見に行って頼まれた買い物などしてきました。

私が行けば行くだけ姉の負担は減るので
これからも頻繁に行かなくちゃと思っています。
今まではのんきに気楽に暮らさせてもらっていたので
そのくらいはしないといけませんから。

私自身は自分の時間は持てているし趣味のこともあれこれやっているし
食べたり飲んだり出かけたりとそれなりにストレスは解消できています。
ぬこさまも癒してくれますしね。
そんな感じで何とか乗り切っていけるのかなと。

それにしても親の事は解決するような問題ではなく
むしろ今後もっと大変になっていくんだろうなと。
病状は今は薬で抑えられているけれど先はわかりませんし。
もしかしたらこのまま介護に突入していくのかもしれません・・・

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

実家詣でと面倒な親戚巡り

昨日の祝日はもともとお昼は実家に行くつもりでしたが
夕ご飯も頼まれたのでまた夕方にも行きました。
お昼は家でサンドイッチを作って行って食べさせて
夜はもう少しましなものを作りました。

気遣いが足りないと言われて積極的に行くようにはしていますが
一日に二度となると家でのんびりとはいきません。
それでも即位の中継とかはずっと見ていました。

予定としては土曜日も行って来週火曜日も通院の付き添いがあり
なんだかんだでけっこう実家に行くことになっています。
何とか週に2回くらいはキープできているかな。

実家に行くのは精神的にはさほど苦にはなりません。
ご飯を作って食べさせるとか病院に連れて行くとか
頼まれた用事をこなすとかある程度決まったことをすればいいからです。

今回それよりも気が進まなかったのは親戚巡りです。
親戚と言うか伯母達なんですけれどね。
いつも言っていますがとにかく癖のある伯母ばかりで
なるべく距離を置きたいと思う人ばかりです。
ここ数年は2人の伯母達くらいしか会っていません。

父のことでお願いしないといけないことがあり
それで回ってくることになったのですが
以前から行かないとと思っていても気が進まず・・・
今回必要に迫られてやっと重い腰を上げました。

一番遠い所に住んでいる伯母は比較的話のわかる人で
伯母達の中では一番好きな人です。
約束を取りけた数日後に車で1時間くらいかけて行って
1時間くらいおしゃべりをして帰ってきました。
頼みごとをするので菓子折りなども持って行ったのですが
お茶とお菓子を出してもらい帰りにも色々持たせてくれました。

昨日は午後に市内の3人の伯母のところを回りました。
1人目は一番上の伯母で高齢で耳が遠くて意思の疎通も一苦労でした。
それでも何とか手土産の果物を渡して頼みごとも伝えて早々に失礼しました。
会ったのは数年ぶりだと思います。

次の伯母宅はそこからすぐ近くで家にいるはずなのに
チャイムを鳴らしてもドアをノックしても返事がなくて・・・
留守かと思い次の伯母宅に向かいました。

実家から一番近いところで
そこも家にいるはずなのに声をかけてもノックしても全然出てもらえなくて
数分家の周りをぐるぐる回りました。
やっと気付いてもらえて窓から顔を出してくれたものの
何だか最初から不機嫌な感じで・・・

頼みごとをするので一応低姿勢で臨みましたが
最初に尋ねた伯母からあれこれ聞いていたようです。
それはいいのですが自分の意見を押し付けてくるし
何となく突っかかってくるような物言いで。

最初に尋ねた伯母が冗談だけれど
「お金をもらうのを忘れた」と言っていたとか言われました。
確かに頼み事には数百円かかるのでそれは素直に
「お金を渡すのを忘れていた」と答えました。
するといかにもそれみろと言わんばかりに
「何でもわざわざやってもらってお金もかかるんだから
払うのは当たり前なのに」みたいに言われました。

その最初に尋ねた伯母ははっきり言ってすごくお金持ちなんです
実家よりもお金持ちでしょうね。
それに帰りに色々と持たせてくれたくらいなので
たかが数百円のことを真剣に怒っているはずはないのです。
その辺り真に受けて私の大きな失態みたいに言われて・・・

そこでムキになるのも大人げないので
「お金は失礼かと思って2千円くらいする菓子箱持っていったんだけど
やっぱり数百円でもちゃんと渡してこないといけなかったかな?」みたいに答えました。
するとその伯母は黙ってそれ以上言ってきませんでした。
よく誰々があなたの悪口言っていたよ、みたいに言ってくる人がいますが
正直陰口とか伝えてくれなくてもいいのにと思います。
こっちが気付かないところで精々悪口言ってればいいんです。

この伯母はそういうところがあって裏表があるので嫌なんですよね。
あちこちで誰れ誰がこんなことを言っていたと言って回って
いかにも自分は味方みたいなふりをしていますが
よそに行けばこちらの悪口を言っているって感じです。
それを親戚とか姉妹の間でやっているので筒抜けなんですよね。
真剣に怒るのも無駄なんですがそれでも腹は立ちます。

手土産の果物を渡すとそれは喜んだけれど
その後に自分はいかにお金に困っているかを延々と話し出すので
もうそこでかなり疲れました。
これ、全部窓越しの会話です。
玄関先にも入れてもらえなかったです。

最後の伯母は今日の仕事帰りに寄ってきてお願いしてきました。
奥様です。
果物を渡すと伯父が作った野菜をくれました
面倒でうるさくてお節介が過ぎる人ですが気前がいいのは確かです。
やっぱりお金を持っているところが心の余裕になるのでしょうか。
でも長話をされてやっぱり疲れました。

これが自分の事で回っているのなら仕方ないと思えますが
全部父のためにやっていることですからね。
自分に得なことなんて全くありません。
日頃父の事を心配とか気遣ってくれるなら
もっと積極的に協力してくれればいいのになと思いました。

これで終わったわけではなく再度伯母巡り行脚があります。
ストレスで甘い物が無性に食べたくなっている今日この頃です・・・

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

思いやりや配慮がない・・・

この近辺は台風の被害もなく土曜日が過ぎて
日曜日はよく晴れた日で洗濯掃除など捗りました。
頼まれごとがあったので夕方から実家に行ったりして
帰りに買い物もしてきました。

今日は朝から胃の調子が悪い感じで・・・
映画でも観に行こうかと思っていましたが止めて家にいました。
それが正解だったようです。

4時前に父親から気分がすごく悪い、
救急車で運ばれた時のような感じがすると電話があったので
急いで実家に行って近所の総合病院の休日診療に連れていきました。
前回入院したところです。

前回は全く体が動かせなかったし熱もあったのですが
今回は少しふらつくものの自分で歩けるし熱もなさそうでした。

救急の処置室前でかなり待って診察してもらって
血液検査と腹部と頭部のCT検査をすることになりました。
結果としてはどこも異常はなかったです。
もしかして消化器系の不調かもということで
特に治療する必要もなく薬も出ず帰りました。

話を聞いてみると前回入院した時のことをあれこれ思い出したり
当時のことがフラッシュバックしたりしていたとも言っていたので
もしかして精神的なものだったのかなと言う感じもしました。

とりあえず何事もなくて良かったのと
休日診療で支払いはかなり高くなりそうですが
帰るまでに3時間しかかからなかったのは早かったので良かったです。

ところが・・・仕事が終わってから病院に駆け付けた姉のストレスが爆発した感じで
実家に帰ってから口論と言うか私が一方的に責められる感じになって・・・
色々終わって帰ろうとした時に
「いいね、そうやって帰れば自由になってもう何もしなくても良くて!
私はずっと大変なのに、羨ましい!」
から始まってあれこれ詰られました。

いつも手伝うとか頼まれたら来るみたいな感覚で
自分から進んでやろうと言う気がない、私の大変さがわかっていない
この場から逃げようとするだけ、私はどこにも逃げれないのに、みたいな感じで
「大変さはわかっているつもりだけど・・・」とか言っても
そんなのわかるわけがない、わかっているならせめてもっと言葉で言って労ってほしい
誰も私の辛さはわかってくれない、思いやりも配慮もない・・・

とこんな感じで泣きながらすごい剣幕で怒ってきて
こちらとしてはどう対処していいかわからず。
言われていることは図星で確かに頼まれた時は行っても
それ以外の時に自分から進んで夕食作りなどはしていません。
言葉でも労ったりはあまりなかったかもしれません。

夕食作りについてはキッチンを使うと毎回後であれこれ言われたりもして
あまり勝手なことをすると嫌がられると思ったりもしていたし
話をするにもいつも忙しそうで声を掛けても返事がなおざりとか
私にも一応言い訳みたいなものはあったのですが
そういうことはないのだと今回わかりました。

本当は話を聞いて鬱憤や愚痴を聞いて共感すれば良かったんですが
解決案とかそういうことを言い出したのもさらに怒りに火を付けたようです。
共感力が足りないと言うか・・・
すぐに「じゃあこうしよう」とか言っちゃうのがいけないんですよね。
自分も人に対してはそう思うのに自分ができていませんでした。

結局最後には色々あって疲れてて怒ってごめんと言ってくれて
私ももっとあれこれやりに来るからと言って和解?しました。
どうも職場で人が減ったらしくこの連休中はめちゃくちゃ忙しかったようです。
心身ともに疲れ切ったところにこの病院騒ぎがあったり
自分はこれから家事もあるのに私は帰れば大変なことから解放される
どうして自分ばっかりこんな大変で辛い目に遭うのか、
などと思ったことからだったようでした。
大声でどなって我慢していることを吐き出して少しは楽になれたでしょうか。

一方私は自分の至らなさを突き付けられて反省と言うか自己嫌悪と言うか・・・
メンタルやられた感じだったので帰り道で寄り道して
ポケGOやったりしてなんとか気分を立て直しました。
無心でゲームとか何かをすると気分が落ち着くとかってありますよね。

帰ってふと思ったのがこれって夫婦の会話とかでよくあるやつでは!?でした。
奥さんに家事育児や介護など任せっきりの旦那さんが
「言ってくれれば手伝うのに」と言って激怒されるやつですよね。
「手伝う」なんて他人事みたい!家族なら主体的にやって当たり前!
自分の親や子ならもっと面倒見ろ!とか言われるやつです。

ちょうど昨日wowowで「来る」というホラー映画を観たのですが
その登場人物の若い父親が正にそれでした。
イクメンを自称していて子育てブログとかやっていて
パパ友会ですごく偉そうなことばかり言っていて
みんなにすごいとか偉いとかパパの鑑とか言われているのですが
実際は見栄えのいい画像を撮ってそれらしいことを書いてアップするだけで
家事も育児も奥さんにまかせっきりで何もしない。

何もしないのに育児書などで仕入れた知識で意見したりするし
ブログの人気が出るようにすることだけを考えている。
我が儘で自分の思うようにしたがって全然奥さんを顧みない。
だんだん奥さんは病んで行って旦那さんを憎むようになって
殺したい、死ねばいいのにとまで思うようになる・・・

ホラーとしてはそんな人間の心の弱さに化け物が付け込んで来て
命を奪って行く・・・と言う展開なのですが
化け物も怖いけれど人間の心の闇の方が怖いわと思ったものです。
おひとりさまなので他人事のように見ていましたが
全然他人事じゃなかったということでした。

姉妹で共倒れにならないように分担できることは分担して
我慢しないで言いたいこともたまには言って溜め込まず
姉にもストレスを発散してもらうようにしないといけないなと痛感しました。

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

元の木阿弥

父親が退院して1週間が経ちました。
毎日の世話は以前通りに姉が見ていて
私は通院やイレギュラーなことの世話をしています。

頼んだ家具の受け取りやリフォーム工事などあったので
昨日は休んでほぼ1日家にいました。
家にいるからと言って暇ではなくて
あれこれ頼まれごともしないといけないし
買い物も頼まれ3回も出かけました
お昼ご飯も作って食べさせて、とこのくらいは
日々の世話に比べたら大したことはないです。

ただ驚いたというか唖然としたことがあったのですが・・・
少し前に行った時に甘い物が山ほどあって
それを以前と同じように食べていたのです
ご飯の差し入れに来た叔母が置いて行ったらしいのですが
入院中は甘い物を食べず控えてきたのに
やっぱり退院したら以前どおりの食生活です

本人が買いに行くことはないので
誰かが持って来なければない物は我慢するでしょうし
ある程度はコントロールできると思うのですが
やっぱり予想通りに持ってくる人がいたわけです
病院で控えていて少しは健康的な食生活だったのに・・・

それともっと驚いたのがまたタバコを吸っていたことです
あれだけ医師から止めるように言われて
自分でも止める止めると言っていたのに。
死ぬ一歩手前くらいまでの状態になったのに
絶対に身体に良くない喫煙をまた始めるなんて
もう自分は死んでもいいって言っているようなものですよね?

でもどこかが辛いとか苦しいとか痛いとかなれば
また病院に行くとか薬が欲しいとか治して欲しいって言うに決まっています。
自分で自分の健康を害しているのに、騒ぐのはおかしいと思いますが。

姉にそのことを言ってみると姉ももう諦めた感じで
「本人がそうしたいっていうのを無理やり止めることはできないし
それで長生きできなくて早死にするなら自業自得だから」
とのことでした・・・
確かに今までも散々言って来たのに改めることはなかったし
今回の入院でさすがに自覚しただろうと思っていたらこれですから
もう誰が何を言っても無駄なのかもしれません

良かれと思ってあれこれ言ったりしてきましたが
注意して怒られたり逆切れされたらこちらも嫌な思いをします。
それでも言わないといけないのかもしれませんが・・・

入院生活は本人的には退屈でつまらなくて嫌だったでしょうが
健康面では確実に良い環境でした。
帰って来て運動量が増えたわけでもなくて日々の生活はあまり変わりません。
ただ食生活が悪くなって喫煙の習慣も復活して気ままに暮らしているだけです
意識して運動するとか何か体のためにするとかは全くないようです。

健康状態が少しは改善されたかと思っていたのに
これでは元の木阿弥です
でも本人がそれでいいと思っているので仕方がないですね・・・

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

プロフィール

りんちゃん
りんちゃん

やっと再就職できました^^
でも貧乏生活は続きます^^
詳しくはこちら♪

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

いつも応援いただき
ありがとうございます

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

お世話になってます