りんちゃんの ガーーンな日常

りんちゃんの ガーーンな日常

やっと再就職できました^^でも貧乏生活は続きます^^

のんびりした後は大忙し!

3連休の残り2日はけっこうのんびりしましたが
日曜はウィンブルドンの決勝戦をずっと見てしまって寝るのが遅くなりました
朝寝坊すればいいと思っていたのに親からの電話で起こされました

以前も電話がかかってきた用件で急ぎではないと言っていたのですが
又同じ件で電話をしてきて来てほしいような口ぶりだったので
「そのことは急ぎじゃないってこの前聞いたけど?」とちょっと反論するように言うと
ムッとしたようで「もういい」と切られました。
要は必要な証明書を役所に取りに行くということなんですが
市役所は遠くても支所は実家から徒歩5分のところにあります。
それくらいは十分一人で行けるし今までも行っていました。

切られてから良く考えたら月曜は祝日なので役所は休みです。
それを伝えようと電話をしてずっとコールしていても出ない・・・
もういいわ、とまた寝ようとしましたが結局眠れませんでした。
のんびりした休日を過ごすはずがとんだスタートになっちゃいました
寝不足で何だか一日気分が良くなかったです

昨日も今日も仕事も慌ただしく忙しかった上に
仕事の後に資格試験の勉強会にも参加してけっこう疲れました
今勉強できるようなことはどんどんやった方がいいと思うし
今の職場に今後も居られる保証はないので
機会があれば逃さず参加していきたいと思ったからです。

勉強会の様子を見に来た講師の方には驚かれて笑われました
まさか非正規の私が試験を受けるとは思っていなかったようで・・・
単に興味本位とか真剣味がないだろうと思われたのかわかりませんが
自分がやってみたいと思って取り組んでいるのでいいんじゃないかなと思っています。
もしかしたら今後役に立つことがあるかもしれませんしね

役に立たなくても新しい知識を得ることは楽しいですし
実技を教えてもらえたりするとワクワクします
久しぶりに勉強をしたなって感じでした

明日からは早く帰れると思うのでその内に一度は
実家に行ってこようかなと思ったりしています

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

あちこちで一歩前進?

前回の記事の件ですが姉も一人で抱え込んでいるのをやめて
しかるべき人に相談したようです。
それで問題解決とはいきませんが
少しでも悩みを打ち明けたり相談に乗ってもらったりして
いくらかは気持ちが楽になったようです。

私としては引き続きフォローや手助けをするくらいしかないですが
頼ってもらえればいいかなと思っています。
私も遠くの友人に電話で話を聞いてもらって
いくらか気が楽になったりしましたしね。

土曜日はとある資格試験の講習会に行ってきました!
仕事に関係はあるといえばありますが
それが即役に立つとか収入に繋がるかと言えばそうではなく
どちらかと言うと趣味の範疇かなとは思いますが

講習は無料でテキストや問題集ももらえて
おまけにお茶まで1本もらえました
座学に実技の練習、模擬試験と至れり尽くせりで
講習をきちんとうければ試験には合格できるようです。
試験までは1か月弱あるので問題集はやろうと思っています。

で、この講習が終わった後に久しぶりに近所の友人と食事をすることになっていて
最後までいると約束の時間に間に合うかどうかギリギリな感じでした。
それが予定よりも早めに進んでいてこれなら大丈夫と思っていました。
ところが最後の最後に試験の申し込み書の説明が始まって・・・

「申し込み用紙は資料の中にありますし書き方の見本も入っていますので
これを見れば記入などお分かりになると思いますが」と続いたので
『見ればわかるのに説明するの?』と思っていたら
本当に最初から順番に説明が始まりました

特に難しい事じゃなくて
「名前の欄、住所の欄はここでここに記入してください」とかです。
受講者はみんないい大人だしそれくらい見ればわかるようなことですよ?
よく言えば親切なのかもしれませんが無駄なようにも思えました。
ギリギリまで我慢していましたがもう途中で抜けることにしました

会の代表の方や講師の方などは後ろに座ってみえたし
私は最後列のドアに一番近い席だったので
そっと立って先生方にお礼とお詫びを言ってそっと抜け出しました
説明がもっと短ければ最後の挨拶まで居るつもりだったんですけれど
結局事故の渋滞などあって約束の時間に5分程遅れちゃいましたが
説明を聞かずに出ていたら間に合ったなとちらっと思いました

友人とは1か月ぶりくらいに会いました。
部署が変わって仕事が楽になるかと思いきや
内容は単純なことになったものの身体的に大変らしく
仕事内容がやりたくないことで単純なのも受け入れられない感じで
いよいよ退職を決めたようでした。

難しい仕事だと自分が出来なくてダメだし
肉体的に大変なところも体に負担がかかるし
内容的にもやりたくない、となれば続ける意欲が湧かないでしょう
条件も部署を変わるごとにだんだん悪くなってきていると言う話だし・・・

仕事内容どうこうも大切だと思いましたが
何よりも体を壊してまで続けることはないんじゃないかと思いそれは言いました。
私も体を壊した時は後先考えずにさっさと辞めましたから。
結果的にはその後良い仕事に巡り会えたので
無理して勤め続けてもっと体を壊したりしなくて良かったです。

友人も過去にやってきた慣れた分野の仕事で就活すると言っていました。
未経験の仕事で大きな職場で働くことはなかなか難しかったようです
「もう仕事に行きたくない」とまで言っていたので相当辛いのだなと・・・
もう無理と思った時は素早く辞めることも大切だと思います。
今度こそ友人に合う良い仕事が見つかるといいのですが・・・

そんなわけで問題が解決したわけではないのですが
友人も一応次なるところへ一歩前進したのではないかなと思います。
ずっと辞めたいと悩んでいましたからね

いずれもすぐにどうにかなるようなことではないかもしれませんが
それでも留まって悩んでいるよりは一歩踏み出して
問題解決に向かっていこうとすることが
大切なんじゃないのかなと思いました。



にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

腫れものに触る・・・

本物の腫れものではなくて
腫れものに触るように扱わなくてはいけない人のことです。
それは姉なんですが・・・

姉一家はずっと父親と同居をしていて面倒を見てくれているので
それは本当にすごく感謝しています。
でもここ数年父の持病が重くなったり加齢もあったりで
扱いづらくなっているため姉もより大変になっています。

持病や薬のせいもあるのですが怒りっぽくなったり
人の話を聞かなかったり変な行動をしたりで姉もかなり参っています。
もともと頑固なところがあった上に気難しくなって
本当に扱いづらいことも多いようです。

私はたまに行って世話をするくらいなので
それほど嫌な目には合っていないのですが
毎日顔を合わせていて一緒に居る時間も長いので
姉の大変さは私の何十倍だとは思います。

そして何か頭にくることがあったりすると長文のLineが来るのですが
その対応がすごく気を使うというか言葉を選びます。
何か気に障ることを言っちゃたりすると途端に
どれだけ苦労していて大変かを切々と語ってきて
結局「どうせ一緒にいない人にはわかってもらえないけどね」
みたいな返しをされると事実そうだとわかってはいても
こちらとしても頼り切っていることもあるし罪悪感を感じます。

慰めたり感謝したり大変さを労ったりと誠心誠意心を籠めて返信しないと
話がこじれたり逆キレされたり悲しませたり・・・となります。
以前も当日の朝夕ご飯作りを頼まれた時に
その日は以前から楽しみにしていた集まりがあったので
一旦はえ~?と思ったものの早引けしていくことにして返信しましたが
ついその気持ちのままを返信してしまって・・・
「え~?今日?わかった、用事あったけど早めに切り上げてそれから行くね」と。

そうしたら「え~?今日?」のところで怒らせてしまったようで
「私だって遊びで留守にするわけじゃない。
毎日世話をしているのにたった1日頼んだだけでそんな言い方はない」
などなど延々怒られ切々と大変さを訴えられてしまい・・・
そこから平身低頭で謝って何とか許してはもらえましたが大変でした。

いつもではないけれどそんな具合で姉からLineが来るとドキドキします。
また何か怒りや愚痴なのかなと・・・
大変なのはわかっているので話を聞くのはかまわないけれど
あれこれ提案しても全部否定されて却下されるし
最後には「やっぱりこの苦労は誰にもわかってもらえない」とか
「結局私が我慢して犠牲になるしかない」とか
こちらにもグサグサ刺さることを言われるともう何も言えず・・・

黙って話を聞いておけばいいのかもしれませんが
やっぱり何か解決策をと思っちゃいます。
その辺り、一緒に暮らしてもいないのに何を分かった風な口を・・・と
逆効果なのかもしれませんが。

まだ介護とかそんな状態ではないですが
やっぱり同居して面倒を見ている家族が一番大変なわけで
今後それが楽になるなんてことはありませんから。
私も、じゃあ同居して面倒を見ろと言われても
自分の生活もあるし働かないといけないしで
結局姉に頼るしかないのも事実です。

そんなわけで今はいつも姉の顔色を伺い機嫌を損ねない様に
腫れものに触るようにそーっとそーっと対応して
ほぼほぼイエスマンと化している私です・・・

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

けっこう働きました

金曜日は天気予報では曇りということだったので休みました。。
実家の畑の草刈りをしようと思ったからです
やらなくちゃと思った6月末から1週間ほどしかたっていないのに
草はどんどん伸びていたので焦っていました

午前中は自宅の洗濯などして午後から実家に行きましたが
曇りの予報だったのが晴れて来ていて・・・
だんだん暑くなってきていました
防護マスクやメガネをしていたのでよけいに暑かったです

草は思った以上に伸びていて風雨で倒れていたのもあって
なかなかスパッと切れず草刈り機の歯に絡んだりして手こずりました
40分程刈るとバッテリー切れになったので充電しつつ休憩しつつ
家の中で頼まれごとをやっていました。

以前の記憶ではもっとバッテリーが長く持ったと思ったのですが
やはり刈りにくくて電力消費が多かったようでした
40分程でフル充電できたのでまた草刈り再開です。
みっしり草が生えている場所をかなり済ませていて
後半戦はまばらに生えている所が多かったのでなんとか乗り切れました。
それでもやっぱり汗だくになって足腰も疲れ肩や腕も痛くなりました

ご褒美?にファミチキ1個とお菓子を1袋もらいましたw
まあ無償でやろうと思っていたのでそれはいいのですが
またすぐに草が伸びてくるんだろうなと思うと・・・
キリのない作業だなと思いました

土曜日は居間のカーペットなどを夏用に模様替えしたりしました。
ついでにぬこ様らの冬用毛布やねどこも洗って干して片付けました。
意外とお天気が良くて日差しがあって助かりました

新しい夏用のラグはぬこ様らも気に入った様子で
いきなり爪とぎをしようとしたのでそれはやっぱり怒りました
それで爪とぎはしようとしなくなりましたが
顔をスリスリしたりして気持ち良さげに寝転んでいます
ちょっとザラザラした手触りなのがいいんでしょうね。

今日は朝に町内の溝掃除があって平日並みの時間に起きました。
起きましたが・・・昨夜全然眠れなくて寝不足で吐きそうでした
作業自体は15分程で終わったので良かったですが
それから寝なおそうとしてもやっぱり眠れず・・・

と、またアラームで起きた後に二度寝をしてしまって
それから1時間ほどはぐっすり眠れました
でも・・・そのせいでスーパーの日曜朝市に行けませんでした
それに間に合うように起きたかったのですが
仕方ないので午後から買い物に行きました。
午後でもお値打ちなキャベツやレタス、半額のお肉など買えて良かったです

そして今日になって金曜日の草刈りの筋肉痛が出てきたようで
背中や肩、腰が痛くて・・・
昨年の夏の1回目は姉と2人でやったのでまだ楽だったのですが
今回は1人で2時間ほどやったのでさすがに大変でした

1つ1つは大したことのない作業かもしれませんが
連日1人でやるとけっこう働いた感があります
これを2日でやるのは大変過ぎると思うので
休みを取って正解だったなと思いました

傍目には3連休なんて良い、楽しそうと思われたかもしれませんが
実はけっこう働いた3日間でした

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

プロフィール

りんちゃん
りんちゃん

やっと再就職できました^^
でも貧乏生活は続きます^^
詳しくはこちら♪

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ

いつも応援いただき
ありがとうございます

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

お世話になってます